【ボードゲーム レビュー】「ヘックメック」- 鶏のエサを求めてひたすらダイス振り

【ボードゲーム レビュー】「ヘックメック」- 鶏のエサを求めてひたすらダイス振り

【ボードゲーム レビュー】「ヘックメック」- 鶏のエサを求めてひたすらダイス振り

ライナー・クニツィア氏の軽いテイストのダイスゲームです。

ドミノ風のタイルに書かれている虫をより多く集めるのが目的のゲームで、各タイルを入手するにはそのタイルに書かれている数字以上のダイス目を合計で出す必要があります。

ダイスは何度も振り直しできますが、振り直しするたびに、1種類の目を選択して除去していなくてなはらず、徐々に振り直しが難しくなっていきます。

振り直しに失敗するとせっかく入手したタイルを返却しなくてはなりませんし、入手したタイルも他のプレイヤーがその数字ピッタリを出してくると奪われてしまうので油断大敵です。

本質的にはダイスをひたすら振って大きい目を出していけばOKなゲームなのですが、そのプレイしている途中にバーストしたりタイルと取られたりの悲哀こもごもを楽しめるゲームになっています。

–関連動画
【ダイスゲーム集】

–ライセンス
使用している楽曲は以下のデータを使用しています。

町「ペンタウァ」(「ソーサリアン」) / Falcom Best Sound Collection -All n All- / Copyright© Nihon Falcom Corporation

マカオダイスカテゴリの最新記事